誰がためにターフを翔ける(96秋競馬版)

有馬記念有力馬情報及び結果(12/23)

有馬記念展開予想

(有馬記念):やはり実力ナンバーワン、サクラローレル

--1サクラローレル:ここで引退。有終の美を飾ることができるか
△7マヤノトップガン:昨年の覇者。G1しか勝たない男は果たして?
○5ヒシアマゾン:中舘から河内へ、この乗り代わりがどうでるか
△10ファビラスラフイン:とんでもない可能性を秘めた牝馬。有馬では
▲2マーベラスサンデー:天皇賞は勝てなかったがここで巻き返しを
--6ダンスパートナー:牝馬の中では最強か?今年10戦目
--12マルカダイシス:勢いに乗った恐い4歳馬。鞍上熊沢
--14ジェニュイン:今回はペリエで。風なんかは理由にするなよ
--4ロイヤルタッチ:岡部が選んだ馬。成長力はどの程度?
--9ホクトベガ:東京大賞典ではなく、有馬記念を選び来年はドバイへ
--11タイキフォーチュン:秋はぜんぜんだが、最後にフォーチュンを
--13エルウェーウィン:ついに復活!ビワを倒した実力復活か
◎8カネツクロス:G1ではいつも散々だが、逃げ馬として注目したい
--3マイネルブリッジ:連闘で参戦。古馬マイネルの最強馬

スプリンターズS、阪神牝馬特別有力馬情報及び結果(12/11)

(スプリンターズS):スプリンターの実力を発揮!フラワーパーク

--1フラワーパーク:休み明けを叩かれたスプリントの女王
○2エイシンワシントン:今度こそ絶好調で望むG1、逃げ切れ
◎7ビコーペガサス:2年連続2着、今年こそ1着を
△8サクラスピードオー:サクラでスプリンターと言えば、、、
△10フジノマッケンオー:短距離ならかかる心配はないと思うが
△4ヒシアケボノ:昨年の覇者だが最近絶上調、さてどうだ?
△9ノーブルグラス:この距離では4勝だが、坂のある中山では?
--3シンコウキング:ここでも、うまくいけば勝ち負けは可能
▲5スギノハヤカゼ:いくぞ、速風。スプリントを一気に
中止ニホンピロスタディ:昨年4着の実績を生かして、成長していれば

(阪神牝馬特別):今年重賞4勝目、ヒシナタリー

--3ショウリノメガミ:マイルCS2着の実力をひっさげて
--1ヒシナタリー:今年重賞3勝の力を見せることができれば
--5ゴールデンジャック:エリ女を使わないでダートからここに
△6シャイニンレーサー:エリ女上利の鬱憤晴らしを
◎2マジックキス:今度こそ逃げ切るぞ、夢を乗せて
○7エイシンバーリン:前走ついに復活、そして南井とのコンビも復活
▲4シェイクハンド:マイルの実績なら牝馬に入れば負けないはず
△14センターライジング:本当は右回りの方が得意なのだが

朝日杯3歳S有力馬情報及び結果(12/10)

(朝日杯3歳S):実力最大!マイネルマックス

◎1マイネルマックス:最大の力をここで発揮して、めざせ勝利!
○13セイリューオー:札幌の覇者。3勝してここに望む
△15クリスザブレイブ:デビュー2連勝中。姉にフサイチカツラ
--4ランニングゲイル:ブライアンのレコードを塗り替えここに参戦
▲6スターマイサドル:母、アイドルマリーの良血馬
回避ゴッドスピード:重勝2勝、実力をなめるなよ
△7パーソナリティワン:そして、新潟の覇者もあらわれる

(ステイヤーズS):ついに実力発揮か?サージュウエルズ

△4トウカイパレス:そろそろ、持ち味見せるか長距離戦
回避マウンテンストーン:血統的になら充分こなせるはず
回避ミナモトマリノス:全く見せ場のなかった菊花賞からたちなおりたい
◎11メジロレノンズ:長距離しか勝てない。ここしかない、勝つなら
△9インターライナー:そろそろ復活があってもおかしくないのだが

(鳴尾記念):俺も強力な4歳馬だ!マルカダイシス

◎3オースミベスト:休み明け叩き3戦目。そろそろ

(愛知杯):中京なら俺に任せろ、ファンドリショウリ

ウインドフィールズ:内国産限定なら、勝てるはずだ!
○8サウンドバリアー:忘れてるぞ、昨年の覇者を
回避シンフォニー:外から回って一気に差しきる競馬を

阪神3歳牝馬S有力馬情報及び結果(12/1)

(阪神3歳牝馬S):今年の3歳牝馬女王はメジロドーベル

○4シーキングパール:武の今年の3歳の一番馬。レコード勝ち経験
◎1メジロドーベル:関東期待のメジロライアン産駒。3勝馬
△2シーズプリンセス:プリンセスを掴むために、ここに出走
▲9シンコウエトワール:札幌以来の競馬となる。
--8ダイワアンジェラ:増沢厩舎が送りだす、外国産駒
--3スーパードレス:鞍乗河内の力量で、戦い抜く
回避ニシノテンモン:偉大なる姉(ニシノフラワー)に追いつけ

ジャパンカップ及びCBC賞有力馬情報及び結果(11/25)

(ジャパンC):跳ねた、歌った、シングスピール

--3エリシオ:連勝で凱旋門賞を勝ちそしてJC
--13バブルガムフェロー:日本馬の大将は天皇賞勝ちのの4歳馬
取消セイントリー:オセアニアからはこの馬が今年はエントリー
--1シングスピール:BCターフ2着からここへ。鞍上デットーリ
--8ペンタイヤ:キングジョージを直線一気で勝った馬
△10ダンスパートナー:日本牝馬の一番の実力馬。ここでは
--3ストラテジックチョイス:勝ったレースはミラノ大賞典
△6タイキフォーチュン:タイキの先輩は昨年4着。さて今年は
○14カネツクロス:天皇賞ではかかってしまったが、吊誉挽回
◎15サクラケイザンオー:菊からはこの馬。4着馬の実力見せるか

(CBC賞):連闘で勝利、エイシンワシントン

--3マサラッキ:夏を越えて大成長、トライアルから本番へ
--2フラワーパーク:G1高松宮杯勝ち馬。実績的にも負けられない
△1エイシンワシントン:前走はびっくりの3着。連闘で望む
--7レザームーン:芝にも適応できることが証明済み。重賞では
◎5ノーブルグラス:マイルCSは回避しスプリントのみで
▲6イブキパーシヴ:やはり長い距離はあわなかったか。適距離では
回避エイシンバーリン:府中にて勝利を収める!
△7ニホンピロスタディ:この馬ももっと強いはず。忘れた頃に

マイルCS及びアルゼンチン共和国杯有力馬情報(11/14)

(マイルCS):やはり実力違う!ジェニュイン

△14フジノマッケンオー:ついにG1勝つか、武豊鞍上で
◎9ビコーペガサス:スワンSを叩かれ今度こそ、G1奪取をめざす
△8スギノハヤカゼ:スピード競馬に適応済み、4歳で勝てるか
--15ヒシアケボノ:前走は絞れずと敗因は明確。絞れればなんとかなる
--1ジェニュイン:天皇賞は案外だったが、得意の2走目。マイル
--2ショウリノメガミ:一気に直線勝負。そういう展開になれば
除外マサラッキ:上がり馬の勢いを。(除外対象)
▲5サクラスピードオー:マイル路線に回ってから負け続けて
除外ベストタイアップ:得意距離は2000だと思うが、ここも使う
--6シンコウキング:富士Sに勝利、連闘でG1出陣
回避タイキマーシャル:連対をはずしたことはないが、、賞金足らず
○10シェイクハンド:芝マイルなら強いはず。ちゃんと走れば
--7ビックショウリ:京都1600のG2勝ち馬なのだが、、、

(アルゼンチン共和国杯):久しぶりに勝てた!エルウェーウィン
5◎:オースミベスト:天皇賞ではなくこちらに回ったからには

(福島記念):記念大好きなマイヨジョンヌが勝利
3◎:マジックキス:今度こそ逃げて逃げ切るぞ。魔法のキスで

エリザベス女王杯有力馬情報及び結果(11/11)

(エリザベス女王杯):男馬にもまれた力が発揮されDance Partner

○1ダンスパートナー:2週連続の兄弟G1制覇は達成されるか
回避サクラキャンドル:(屈ケン炎で回避、、、)
◎7ヒシアマゾン:女王と言えばこちら、休み明けだが
--4ホクトベガ:ダート8連勝中、芝でも力充分
回避ファビラスラフイン:こちらじゃなくてJCまたはマイルCS
△15サイレントハピネス:末脚爆発すれば、一気に勝利も
--2フェアダンス:藤田はこちらを、昨年の雪辱を
--8エリモシック:秋華賞は2着、本当の力は
--12ブライトサンディー:途中、一頓挫あったが力はあるはず
△13ロゼカラー:後方一気、今度こそ届くか、末脚は
回避マジックキス:(こちらは回避して福島記念へ)
--10レインボークイーン:クイーンS勝ちの、クイーン。4歳の力は
▲5スプリングバンブー:7歳になってさすがに、、、ついにラストラン

菊花賞有力馬情報及び結果(11/4)

(菊花賞):闇を切り裂く強烈な末脚!Dance In the Dark!

▲1ダンスインザダーク:トライアル三冠馬となって最後の4歳G1
○3フサイチコンコルド:奇跡のダービー馬。連勝ストップ後だが
◎8ミナモトマリノス:古馬重賞2着の実力を見せてくれ
--11ローゼンカバリー:馬が大人になったのか、それならば強い
--2ロイヤルタッチ:早熟だったら皐月賞2着の実績が泣くぞ
--サクラケイザンオー:春のクラシック組に追いつく、追い越せ
--10カシマドリーム:鞍上的場で虎視眈々。上気味な存在
回避シロキタクロス:(発熱で回避)
△6マウンテンストーン:明を男に!青葉賞優勝馬
△7ロングカイウン:トライアルでつまづいたが、影響は果たして?
--14マルカシーズ:福永はここでもG1出走
(アドマイヤビゴールは体調があわず回避)

天皇賞、スワンS有力馬情報及び結果(10/24)

(天皇賞・秋):ついに4歳馬が勝った、バブルガムフェロー

--3サクラローレル:春秋天皇賞連覇を目論むサクラのエース
▲4マーベラスサンデー:デビューして9戦8勝、このまま天皇賞も
--1バブルガムフェロー:4歳馬だが実力は折り紙付き。古馬のG1は
△4マヤノトップガン:G1しか勝たない昨年の年度代表馬
◎11カネツクロス:毎日王冠たたいて父の勝った天皇賞へ
--7トウカイタロー:脚部上安をやっと克朊。そしてG1舞台へ
○6ベストタイアップ:東京2000が大得意、さてどうなる?
△14ジェニュイン:昨年の2着馬。ぶっつけで望むのが上安か
--9ユウセンショウ:東京巧者も、天皇賞となればどうなのか
--16マイヨジョンヌ:札幌で力を付けてG1舞台。BWN世代の実力を
--5ゴーゴーゼット:今年はまだ2戦目、変わり身期待

(スワンS):持ちタイムの壁を一気に克朊、スギノ速風

△5フジノマッケンオー:セントウルSを59キロで圧勝マイル目論む
△11ヒシアケボノ:昨年の勝ち馬。早熟馬でないことを望みたい
--7エイシンガイモン:夏、古馬をなぎ倒した実力をみせてくれ
◎2ビコーペガサス:展開次第で結果は変わるが、実力有
--3マサラッキ:4歳夏の上り馬、ここで真価が問われる
○1スギノハヤカゼ:快速スギノハヤカゼ、先につながるレースを
--4シンコウキング:昨年暮れからの久々の出走。兄はDデヴィアス
回避エイティグロー:追い込み一手のロマンチスト

まずはG1第一弾、秋華賞有力馬情報及び結果(10/21)

(秋華賞):本当に強いのはファビラスラフインだった

--10エアグルーヴ:オークスから直接やってきた樫の女王
--11ヒシナタリー:古馬にも勝ったことのあるたたき上げの実力
--7フジノヤマザクラ:関東からはただ一頭の参戦となる
--2エリモシック:抽選さえパスすることができれば実力は五分
--4レインボークイーン:夏の上がり馬としてG1参戦
--12マックスロゼ:トライアルは勝つことができなかったが、果たして
○3ロゼカラー:トライアルを外傷で回避したが乗り込み充分
△15イブキパーシブ:桜花賞から骨折あけで望む。休み明けはどうだ
◎13リトルオードリー:ローズSで大差の敗北、一叩きの成果に期待
△1ファビラスラフイン:デビューからの3連勝はすごかった
--9センターライジング:オークストライアル勝ちの実力はどうだ?
--6シーズグレース:早熟かと思われたがトライアル2着
▲14ノースサンデー:前走最下位はは問題外、ここが勝負
--5マークリマニッシュ:鞍上はあの岸滋彦。トライアルでは3着

スガノオージさすが1800なら強いな(カブトヤマ記念)

府中牝馬、京都新聞杯有力馬情報及び結果(10/14)

(府中牝馬S)サクラキャンドルの圧勝

--1サクラキャンドル:エリザベス女王杯連覇へ好発進か
▲4サイレントハピネス:府中で恐怖の末足爆発を
--10シャイニンレーサー:今回は河内ではなく幹夫で頑張る
--2フェアダンス:今年すでにオープン3勝。1800も2勝
----ショウリノメガミ:人気になって負けるレースを繰り返しているが
◎9マジックキス:今回も逃げよう!そうすれば道が開かれる
--6ファッションショー:年度代表馬にも先着した実績は?
△8スプリングバンブー:今年はまだ勝ち星に恵まれてないがここらで
--11ゴールデンジャック:祐一府中初登場はこの馬で
----スプリングバーベナ:後方一気の展開になりさえすればこいつか
△3グロリーシャルマン:テレビ目線でしっぽ振り振り。さて府中では
△7イブキニュースター:西の惑星、ここらで復活か。
○13トウホーケリー:逃げて粘ってこそ、この馬の持ち味。
△5エイシンバーリン:4歳春重賞を連覇した実力を見たい

(京都新聞杯)菊花賞へぬかりなし、ダンスインザダーク

回避フサイチコンコルド:ダービー馬、仕上がりが疑問(回避)
▲1ダンスインザダーク:コンコルドには負けられない、ここも菊も
○3ロイヤルタッチ:函館では古馬との壁か、敗れたがここでは
◎5イシノサンデー:皐月賞馬の実力を見せてくれ。
△--アドマイヤビゴール:菊の権利は取ってあるが、ここも目論む
--4メイショウジェニエ:使いこんでこそメイショウジェニエ
△7フサイチシンイチ:もう一頭のフサイチはノーザンテーストの子

毎日王冠、京都大賞典有力馬情報(10/2)及び結果

(毎日王冠):勝ち馬アヌスラミラビリス

--3バブルガムフェロー:昨年の3歳チャンピオン、初の古馬挑戦
△8タイキフォーチュン:府中マイルを超高速で駆け抜け、次はここ
◎4カネツクロス:宝塚記念直線失速の雪辱果たすか
--1アヌスミラビリス:今年もやってきた、モハメド殿下の刺客
--9マイヨジョンヌ:函館での降着事件の次だが果たして
▲6ユウセンショウ:栗東随一の東京巧者。ここでも威力を
△5ベストタイアップ:東京で3連勝した時を思い出せ
--7マイネルブリッジ:この馬にはこの距離が一番あうのでは
○10スガノオージ:開催代わりはとにかく逃げ馬に注意。ならこいつ

(京都大賞典):勝ち馬マーベラスサンデー

○1マーベラスサンデー:天皇賞に行くまでは負けられない。ここも勝つ
▲4ダンスパートナー:今年はここで7戦目。よく走ります
--3カミノマジック:いつまでこの馬の夏が続くか!。こいつは夏馬
◎2ミナモトマリノス:京都新聞杯でなくここを使う真価を見せろ
--10ゴーゴーゼット:昨年の有馬以来、久々の復帰。果たして
△6ザフォリア:夏を使われた強みを生かして、強豪に挑む
△8オースミベスト:こいつも半年ぶり、東京の方が肌に合うのでは?
----インターライナー:みんな忘れてる。こいつがG2馬だって事を

タイキブリザードJC出走OK(特例の措置)
マイシンザン引退
イージーマインド、トップサンキスト繁殖入り

入り口日記野球競馬リンク訪問者


j1593039@ed.kagu.sut.ac.jp
madosan@msn.com